作業員

地震を予測するということ|情報をいち早くキャッチ

  1. ホーム
  2. いつ起こるかわかりません

いつ起こるかわかりません

作業員

地震を予想することができたら、多くの命を守ることができるかもしれません。これからの将来、テクノロジーが発展して、事前に地震を予想することはできるようになるかもしれませんが、今のところ地震を予想することは難しい現状です。しかし、地震を予想することができなくても、防災という観点から被害を最小限にすることは可能です。まず、住むところが非常に大切になってきます。たいへん大きな揺れですと、家が崩壊する可能性がありますので、家やアパートの耐震性のチェックが必要です。定期的なメンテナンスをする必要があります。また、密集した地域ですと、地震による火災などの影響がありえますので、注意が必要です。また、住む場所も被害を最小限に抑えることができます。できるだけ、高台のところに住むことで、2次災害を未然に防ぐことができます。

いつ地震が起きるか、わかりません。それに対する準備が前もって必要となります。防災グッズなど、停電が起きた場合に、困らないようにライトやロウソク、ガスコンロなどの用意をしておく必要があります。また、地震が起きた後に、復旧のめどがどのくらいかかるのかわかりませんので、数か月分の水や食料を蓄えておく必要があります。水や食料は定期的にチェックして、新しいものに交換し続けることが大切です。それと、地域の方との連携はやはり欠かせません。都市部であっても、必要です。近所付き合いは日々の生活において、必要最低限しておくことが重要です。何が起こるかわかりませんので、前もっていろいろと準備をして、被害を最小限に抑えることが大切です。